埼玉プレミアム商品券

埼玉プレミアム商品券

プレミアム商品券、一部世帯に=効果は限定的か

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000010-jij-pol
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019090100312&g=eco

9/2(月) 7:05配信

 

時事通信

 

 10月の消費税率引き上げによる負担の緩和を目的に、自治体が低所得者や子育て世帯を対象とした「プレミアム付き商品券」を発行する。

 

 4000円で5000円分の商品券を入手し、商品の購入やサービスの利用に使える仕組みで、上乗せされる1000円分を国が負担。消費の下支えにつなげる狙いがあるが、十分な効果があるか疑問視されている。

 

 商品券を買えるのは、住民税の非課税者と0~3歳半児がいる世帯。子どもの人数分だけ買うことができ、非課税者を合わせた対象は計2450万人。1人につき計2万5000円分まで購入できる。使用期間は自治体によって差があり、最長で来年3月末まで。実際の発行手続きを担う自治体の人件費や券の印刷代などを含め計1819億円を国が支出する。

 

 プレミアム商品券はこれまで、消費税増税後の景気浮揚策として発行された例がある。2014年4月の5%から8%への引き上げ後に、プレミアム商品券を柱とする景気対策を国が計2372億円を投じて実施。しかし内閣府の報告書によると、当時の消費喚起効果は1019億円。必要な商品の購入時期を前倒す「先食い」もあるため、実際の効果はさらに小さかった可能性がある。

 

 みずほ総合研究所は、前回引き上げ後のプレミアム商品券などによる経済効果を約640億円と試算。今回は400億~500億円程度になるとみており、大野晴香主任エコノミストは「消費の押し上げ効果は限定的だ」と指摘している。

 

 

 

2019年版プレミアム商品券の最新情報まとめ
https://www.keigenzeiritsu.info/article/18817

狭山市都市緑化植物園の魅力

狭山市都市緑化植物園は、智光山公園の中にあります。総面積が55.000平方メートルと広大な土地です。駐車場は126台も駐車できますので、団体での利用にも適しています。入園料は無料、植物園は年中無休で楽しめます。四季それぞれの草花が鑑賞できる自然豊かな狭山市都市緑化植物園は、市民の憩いの場として愛されています。

 

狭山市都市緑化植物園は、植物園というだけあって、たくさんの草花を楽しめます。自慢の見所として、植物界のパンダと称されるハンカチノキがあります。言葉通り、ハンカチのように見える花をつけます。白色であることから、鳩の木、幽霊の木と呼ばれることもあります。

 

また、大人気のバラ園もお勧めスポットです。62品種600本のパラがあり、見ごたえがあります。季節のバラだけでなく、四季咲きのローズも大部分を占めているバラ園ですので、季節を問わず楽しめます。バラ園は、洋風庭木見本園にあり、バラの他にも、キバナモクレンやナツロウバイなどの花木も楽しめる大花壇になっています。

 

それから、青、白、赤系など500株もの多彩な紫陽花が楽しめるアジサイ園も見逃せません。また、薬草園、ハーブ園も設置されており、漢方薬の原料となる植物や西洋ハーブが植えられています。植物235種類の薬効を学べるというのですから、その規模の大きさを感じます。最後に、熱帯温室に行くことも忘れてはなりません。洋ランなど70品種もの熱帯植物があります。ミッキーマウスツリーなど、通常のお花屋さんではお見かけしないユニークな形の植物は必見です。

 

狭山市都市緑化植物園は、植物を鑑賞するだけでなく、植物を積極的に学習することができる場所でもあります。季節に応じた講座、イベント、体験教室を開催していますので、見るだけでは飽き足らない方はぜひ参加すると良いでしょう。また、同植物園は、みどりのカウンセラー「緑の相談所」を開設しています。植物に関する相談にのってくれる頼もしい存在です。園芸図書の閲覧もできますので、興味のある方は足を運んでみるときっと収穫が得られるでしょう。